技術探訪

2017.06.23 UP!!

皆様、こんばんは

青山です。

 

 

 

 

 

 

今日は、

 

ふと思ったことをひとつ。

 

 

 

 

僕の仕事の一環でサンプルチェックというものがあります。

 

 

これは、皆様に向けて世に出す前に、

 

試しに少量作ってみて、全体のバランスとクオリティをチェックする作業なんですが、

 

 

今日は、次に作るジャケットのバランスを改善するために、

肩パッドの厚みを調整しようと

肩の部分をほどいておりました。

 

 

糸をチョキンと鋏で切って、

 

裏地を開けてみると、

 

 

なんですかね~あの感じ、、

 

 

職人さんの息遣い、ていうものなんでしょうか、、、なんか照れますが笑

 

 

 

服をつくる工程をある程度知っている僕から見ると、

 

ここにこれを付けてから、これをやって、そのあとこれと一緒に縫って

 

ってな感じで想像がつくんです。

 

 

袖は、ジャケットの要素の中でも、全体の出来の美しさに大きく関わる大事な部分です。

 

なので、それ相応の手間と技術が必要になってくるのです。

 

 

普段は外側から見ることばかりですが、こうやって内側をみると、

 

直にそれを、

 

ビシバシと感じました。

 

 

袖山の丸み、胸の湾曲、腰のシェイプ、美しいシルエットを出す為に

 

正に

 

「寸分違わぬ」

 

の世界で職人さんたちは戦っています。

 

 

服っていうのは本当に、こんな時代になってもやっぱりアナログなんです笑

 

 

 

 

皆さんに、

 

内側を見ろ!

 

と決して言いたい訳ではなくて、笑

 

 

服のそういう視点の魅力も、すこしでも知っていただけたらと思い、

 

書いた次第です。

 

誰かの心に留まれば、うれしい限り。

 

 

それでは、良き週末を~

次週も乞うご期待

OR GLORY公式オンラインストア
●OR GLORY公式オンラインストア
 ショッピングサイトへ

OR GLORY公式オフィシャルサイト
●OR GLORY公式オフィシャルサイトへ

オアグローリーフェイスブック
●オアグローリーフェイスブックへ

オンラインストアツイッター
●オンラインストアツイッターへ

RECENT ENTRIES

Archives

▲このページの最上段へ