新作パンツ  [Ronnie , Reggie] 入荷!

2017.02.24 UP!!

 

皆さん、こんばんは。

青山です。(_ _)
今日も書きますよ笑

 

今日は丁度、新作のパンツが入荷しましたので、

そちらを紹介したいと思います。

 

それでは早速、、、

 

 

 

 

 

 

程よい光沢が色っぽくも男らしいRonnie(画像右)と、ステッチと生地の色合いがなんとも爽やかなReggie(画像左)です。

 

Ronnieはチノ生地、Reggieはデニム生地です!

 

ちなみにさっきから出てくるこのRonnieReggieはイングランドに実在した双子のギャング、クレイ兄弟“の名前です。

同じパターンで生地の異なるこの2本のパンツが双子みたいな存在に感じ、そしてどこか大人で悪そうな雰囲気を持っているこのパンツにはピッタリだと思い、その名前をつけることにしました。

 

 

大きな違いは、生地にあるんですが、

実は、もう少し細かい所も違いを出しています。

例えばこの縫製に使われている糸の太さ、、

 

特にRonnieに関しては、

使用されているチノ生地は厚みも丁度よく、光沢もあり色っぽい雰囲気を持っていたので、

それを活かせるように表に見えるステッチは、普段はスラックスに使われるような50番手の糸を使って縫製しており、

表に出ないところは丈夫さを保つために30番手の糸を使って縫製してもらっています。

(※糸番手は数字が大きくなるほど細くなります。)

糸の太さを変えるのは、ミシンをその都度設定し直さないといけないので、最初は工場さんに嫌がられてしまいましたが、

お願いしてなんとか、少し泣いてもらいながらも、

さすがの職人気質できれいに仕上げていただきました。笑

 

一方のReggieは、デニムを使用しているので、デニム特有の“アタリ”を出やすくする為にすべて30番手の糸を使って縫製しています。

洗う度、履き込んでいく程に良い味、出してくれます。ちなみにReggieに使われているのは“フレンチデニム”というほんの少し紫がかった青色をした、デニム生地。おフランスの名前を頂いているだけあって、とても上品な色合いです。

こちらは、普段カジュアルパンツを主に縫ってもらっている職人さんたちの本領発揮という感じで、Ronnieと同じくきれいに仕上げて頂きました。笑

 

そんな2本を青山が履くとこんな感じです、、、

 

 僕は体型がナヨッとしているので、こういうズドンと男らしいパンツは、強くなった気がしてとても自信が持てます。笑

しかしウェストはちゃんとフィットします。

内側にはオーバーサイズでも履けるようにサスペンダー釦を付けてあるので、1サイズアップで大きく履くのもアリでございます。

 

 

ポケットには遊びのステッチ。

 シンプルながらもしっかりとスタイリングをまとめてくれるパンツです。

(僕個人的には、くるぶし見えるか見えないかぐらいの丈で、ステッチ幅1cmくらいで裾上げをして履くのが好きです。)

 

春も目の前。だんだんと暖かくなっていくこれからの季節のスタイリングには、このパンツが一役買ってくれます。

WEB SHOPにはサイズ感などの詳細情報も掲載していますので、そちらも是非チェックしてみてください!

 

それでは良き週末を~☺

次週も乞うご期待。

 

 

 

 

OR GLORY公式オンラインストア
●OR GLORY公式オンラインストア
 ショッピングサイトへ

OR GLORY公式オフィシャルサイト
●OR GLORY公式オフィシャルサイトへ

オアグローリーフェイスブック
●オアグローリーフェイスブックへ

オンラインストアツイッター
●オンラインストアツイッターへ

RECENT ENTRIES

Archives

▲このページの最上段へ