渾身のステンカラーコート

2017.10.20 UP!!

皆さん、こんばんは

青山です。

 

 

 

、、、すみません、だいぶご無沙汰してしまいました、、、

 

 

今、オアグローリーは新商品の入荷ラッシュでございます。

ご紹介したいことがズンズンと溜まってきましたので、ここでまたつらつらと書いて参りたいと思います。

 

どうか、お付き合いください!

 

 

 

 

 

早速ですが、、、

今日は、こちら!

 

 

オアグローリー渾身のステンカラーコートでございます。

 

 

 

名前は[Balmacaan]

バルマカーンと読みます。

 

 

日本では、[ステンカラーコート]という呼び名が定着しておりますが、こちらはいわゆる和製英語。一説では“スタンドフォールカラー”が転訛して“ステンカラー”になったといわれています。

 

今回はあえてステンカラーと名付けずに、字面にポップさと迫力があったので[Balmacaan]を採用しました!

 

生地は、シャツ生地で有名な兵庫県は播州地方の綿ギャバジンを使用しています。

この生地の特徴は、何と言ってもこの軽さ。

 

通常、ステンカラーやトレンチコートなどに使用されるのは60番手という太さの糸で織りあげられたものが多いです。
しかし、この生地は一回り細い70番手の糸を使い織りあげられています。

 

この僅かな差が、製品になった時に大きな軽さの違いを生みます。

 

今回は、その生地の軽さを活かす為に使う芯地にもこだわり、風合いを殺さないように細心の注意を払いました。

 

着るとこんな感じです。

 後姿が格好良いのであえて後の着用画像を。

 

生地の陰影で表情が変わるシャンブレー感も良く出ています。

身幅とけまわしを広めに作ることで、着たときのボリューム感が一つのデザインとして光るようにしました。

ボリューム感がステンカラー特有の真面目な雰囲気を中和しているので、カジュアルアイテムにもちゃんと合わせられます。

 

 

脱いだ時にもカッコつけられるように、裏地は少し遊びの効いたチェック。

 

 

 

 

 

 

こういうところも忘れていません。

 

 

縫製も、正に“一糸乱れぬ”職人技。

 

 

シンプルなつくりな為、その美しいステッチが際立ちます。

 

 

 

 

こうやって文字に起こすと、こだわりが詰まっているのが良く分かっていただけると思いますが、その一つ一つの要素が溶け込んで、[Balmacaan]という美しいひとつのコートになっています。

 

 

 

 

三度目ですが、オアグローリー渾身のコートです。

 

 

 

 

 

 

 

お時間のある方は、

是非ともお店で袖を通してみてください!

 画像では伝わりきらないこの感じを体感していただきたいです!

 

 

 

 

それでは、良き週末を~

次週も乞うご期待

OR GLORY公式オンラインストア
●OR GLORY公式オンラインストア
 ショッピングサイトへ

OR GLORY公式オフィシャルサイト
●OR GLORY公式オフィシャルサイトへ

オアグローリーフェイスブック
●オアグローリーフェイスブックへ

オンラインストアツイッター
●オンラインストアツイッターへ

RECENT ENTRIES

Archives

▲このページの最上段へ