パナマハットの魅力

2017.03.29 UP!!

ORGLORYでも長年支持をいただいている夏の定番パナマハット。

今年は

Long Brimの[Wailing Panama]

Short Brimの[Ska Hat]

の2型が4月には店頭に入荷いたします。

それに伴い、今一度パナマハットの魅力についてご説明したいと思います!

TOPKNOTのパナマハットはエクアドル産の本パナマという

厳選された素材を使った帽体を、国内の熟練された職人さんによって製帽しています。

 

ベースとなる帽体には石目編みと言われる、目の詰まりがそれほどきつくない編地で

通気性を確保でき、湿気が多い日本の気候に一番適しているものを採用しています。

 

パナマハットの発祥は名前とは違い中南米のエクアドル。

 

パナマの原材料であるトキヤ草は赤道直下の中南米エクアドルで

強い日差しを浴びて育つ為、防熱性、耐久性に優れた素材になります。

そうして育てられた素材を用いた物が本物のパナマ=本パナマと呼ばれます。

パナマハットのベースである帽体は現地の職人さんが

葉を細く割いて紐状にしたものを複雑な工程を経て編み上げる

大変手間の掛かる作業なのです。

パナマハットの名前の由来は諸説ありますが、

19世紀にパナマ運河建設にあたり、

通気性、肌触りもしなやかで、体感温度が下がる事から、

当時炎天下の中、過酷な労働を強いられるエンジニア達の暑さ対策として

実用的な物としてかぶられていました。

1894年当時のアメリカの大統領、セオドア・ルーズベルト

がパナマ運河建設の視察に訪れた際、着用しメディアを通して

世界中に伝わり広く認知されたと言われています。

大事に被れば10年~20年持つパナマハット。

パナマは汗を吸収して乾燥してを繰り返す為、帽体に多少の縮みが

発生し自分の頭の形に少しずつ馴染みます。

また、日焼けにより色味も飴色に変化します。

デニムのようにエイジングを楽しみながら自分に馴染ませていく楽しみがあります。

相棒として末永く付き合えるパナマハット、

まだお持ちでない方、今年は是非チャレンジしてみて下さい!

 

 

 

OR GLORY公式オンラインストア
●OR GLORY公式オンラインストア
 ショッピングサイトへ

OR GLORY公式オフィシャルサイト
●OR GLORY公式オフィシャルサイトへ

オアグローリーフェイスブック
●オアグローリーフェイスブックへ

オンラインストアツイッター
●オンラインストアツイッターへ

RECENT ENTRIES

Archives

▲このページの最上段へ