ANTEMOCK

2017.11.18 UP!!

PUBで長年ご愛顧いただいてきた[Juke Box Short]

 

今期よりTOPKNOT[ANTEMOCK]としてアップデート。

 

今回は、今作より採用しているフェルトについて少し解説したいと思います。

 

一概にフェルトといっても原料によってウール(羊毛)フェルト、ラビットフェルト、ビーバーフェルトなど多種あります。更にこれらの原料を混紡した物もあります。

(古い帽子や文献を見ていると、珍しいところでアザラシやラッコの毛を混ぜたフェルトなんかも有ったりします。)

 

産地もチェコ、ポーランド、ポルトガルが主流ですが、最近では中国製の物が増えています。 

 

基本的には単純に素材となる原料の違いで分類され、素材の価値=商品の価値となるわけです。(ウール<ラビット<ビーバー)

 

さて、そろそろ本題です。

 

今回[ANTEMOCK]で採用したフェルトはウール100%です。

 

ここまで散々素材を語って、結局ウールかよっ!って声が聞こえてきそうですが、、、

 

敢えて紹介するこの素材、普通じゃないんです。

 

言うなれば「最高のウールフェルト」です。

 

長らくハットに触れてきたわたくし。

 

見て触って、大概の素材は見分けられる自信は有ります。いや、有りました。

 

が一見の際、こちらのフェルトには騙されました。

 

限界まで原料を縮絨しフェルト化させたあと、アンテロープ仕上げを施しまるでラビットのようなきめ細いタッチ、深い色味。

一般的なウール帽体とは一線を画す表情です。

 

(アンテロープとは、ラビットフェルトの毛足の短いものを刈り毛した後に起毛処理し仕上げたもの。ラビットフェルトの中でも高級な部類に入ります。)

 

良い素材で良い物を作る。

これは王道ですが、素材自体を手間や時間をかけて更に良いものに昇華する。 そこも踏まえてのクリエイティブがデザインの本質だと思っています。

 

10年以上定番として作り続けてきた[Juke Box Short]のアップデート。

1種の挑戦です。

勿論、賛否両論あると思いますが、 

文章では伝わらりきらないであろう本質を是非店頭にてご覧になってみて下さい。

OR GLORY公式オンラインストア
●OR GLORY公式オンラインストア
 ショッピングサイトへ

OR GLORY公式オフィシャルサイト
●OR GLORY公式オフィシャルサイトへ

オアグローリーフェイスブック
●オアグローリーフェイスブックへ

オンラインストアツイッター
●オンラインストアツイッターへ

RECENT ENTRIES

Archives

▲このページの最上段へ